医療クリニックならではの注意点

強力なレーザー照射への対策

医療クリニックでの脱毛は、比較的威力の強いレーザーを使用します。そのため人によっては痛みを感じたり、肌に炎症を引き起こすことがあります。そのため、特に肌が敏感な人は、サポート態勢が充実しているところを選ぶと良いでしょう。医師が在籍している医療クリニックは、炎症に対する専門的な薬を処方したり、痛みを抑えるための麻酔を使用できるといった医療行為ができるのが強みです。それらを上手に活用すれば、ダメージを大幅に抑えることも不可能ではないでしょう。ただ痛みはあくまでも施術を受ける間のみで済むことが多く、炎症も時間の経過と共に自然治癒します。つまり身体に残るダメージではないため、対策方法が充実していないところもあるので、選ぶ段階で見極めることが重要です。

レーザーを照射できるかどうかを確認

医療クリニックで使用するレーザーには、毛が持つ色素に反応させて脱毛を行う仕組みをしているものが多いです。そしてもし日焼けをしていたりほくろが多いなどで皮膚に色素が集まっていると、そこにも反応してしまいます。医療クリニックのレーザーは強力なので、安全性の理由によって照射することができません。

ただ医療クリニックでは色素ではなく毛の細胞に反応させるレーザーや、レーザーではない電気針を用いた施術メニューを用意しているところもあります。色素が濃い体質の人は、そういった方法を用意しているところを選びましょう。また日焼けの場合は、サロンなどで短時間で行うことも不可能ではありません。そのためクリニックに通っている途中でレーザーが照射できなくなるという状況にならないように、事前のカウンセリングでしっかり相談しておきましょう。

男の脱毛は、髭を脱毛することで清潔感が得られるということがメリットです。また、髭を剃るなどの手間もなくなり、肌荒れなどのトラブルの解消にもつながります。